桂たかね台とは?

桂たかね台概要図


桂たかね台は、茨城県住宅供給公社が東茨城郡城里町に開発したニュータウンでした。その開発者の茨城県住宅供給公社は、巨額の債務超過により自己破産しました、その残った区の一部が今回の新たな開発計画「ハイポイントビレッジ高根台」とて再開発されることになりました。
日本にある多くの輸入住宅は、高級、且つ特別なものとが大で、日本人からも認識されていますが、欧米の郊外住宅地で一般的に見られるデザインの住宅を、最も普及している建を使用したパッケージハウスとして直輸入することで、建しやすく、メンテナンスが容易で、且つ安価な輸入住宅を実現しました。ハイポイント・ビレッジでは欧米住宅街に見れる、豊かな近隣コミュニティーを形成する事を目指しております。


概要

ハイポイントビレッジ高根台
住宅様式イメージ

場所は国道123号線に近接し、水戸駅から約22km(自 動車 35分) 常磐自動車道「水戸北インター」から車で約20 置します 当初計画では161戸の戸建住宅が建つ予定であっ たが、現 未分譲 の区画が多くある。団地内には県営住宅、及 老人 ホー ム・介護 施設「桂聖明園」があります。開発者は茨 城県 宅供 社(現在は解散)。